都内ターミナル駅の中でも、治安に対して不安の声がある池袋ですが、どのエリアが危険なのでしょうか?そもそも本当に危ないのか?も含め池袋の現状を調べてみましょう。

 



 

池袋のイメージってIWGPで止まってない?

IWGPとは2000年4月14日から放送が開始された伝説のドラマ。長瀬智也、加藤あい、窪塚洋介、佐藤隆太、山下智久、妻夫木聡、坂口憲二など、今となっては主役級の出演者で話題だったのですが、池袋を舞台としたキャラ―ギャングの抗争を描いた青春ドラマです。

b17f4cf4s

引用:nekoneko-mvd.cocolog-nifty.com

ドラマがヒットしたことで、池袋へ行けばカラーギャングがいるといったイメージになってしまいました。事実、ドラマの後、一時的にドラマに触発された若者たちがカラーギャングごっこをしてたのを覚えています。この若者の多くが埼玉人のため、池袋=埼玉=ダサいというイメージに拍車をかけたのでは?と個人的に思ってます。

 

2000年初旬はヤンキーやスカウトが多かった

埼玉のヤンキーの流入、歓楽街の呼び込み、スカウトなど、池袋に行けばカツアゲにあうなんて噂で当時の中学生達は怖がってたものです(笑)

 

 

風営法改正!スカウト行為が禁止に

「迷惑な客引きは許さない」なんて看板を見かけるようになり、池袋の街からわかりやすい客引き、スカウトたちが消えました。営業時間もカウンター越しでない接客形態、つまりキャバクラなどは深夜営業も禁止となりましたが、黙認されているのが現状です。

 

 

すっかりピンク街の印象が薄くなった池袋西口

池袋の歓楽街といえば、西一番街!ここを歩けば、歓楽街に来たなーって気分になれるほど、ピンク色の看板で街が埋め尽くされていました。しかし、風営法が改正されてすっかりピンク看板が少なくなりました。

 

 

池袋西口のチャイナタウン化

池袋北口を出ると、横浜中華街や神戸南京町などの華やかなチャイナタウンとは違う等身大の中国人街が広がります。これは、風営法改正のタイミングで増えてきたと言われています。フリーペーパーや新聞なども中国語のものも多く自然と中国語が聞こえてきるようになります。

 

 



 

 

ハーブ・危険ドラッグ関連の事件が増えた?池袋で多発する暴走事件

2014年6月24日に池袋西口で危険ドラッグを吸引した男性が沿道を歩く人たちは次々とはねる暴走事故が発生しました。これは単なる事故ではなく、容疑者が池袋北口で危険ドラッグを購入後、すぐに吸引し運転したことが原因の事件です。この危険ドラッグはマンションの一室で売られていたようで、一時期は脱法ハーブとして違法性のないものと認識されていたことがこういった事件をおこした原因のようです。

 

 

まとめ

風営法が改正されるまでは、いわゆる不良に絡まれる、飲み屋のキャッチ、ぼったくりといったちょっとしたいざこざが多かった池袋。そのイメージがいまでもあることが池袋が危険というイメージを払拭できずにいます。しかし、風営法の改正で街の表面上はキレイになったかのように見えますが、チャイナタウン化やハーブ問題など池袋をとりまく危険の種類は姿を変えたように思います。そこをしっかり認識して池袋という街を楽しみましょう。