デートスポット 観光スポット

ハレザ池袋って何がある?利用できる劇場を徹底解説するよ!

投稿日:


ハレザ池袋
「もうダサいなんて言わせない!」そんな強い決意を感じるほどの、再開発ラッシュの波が池袋に到来していますね。

その再開発ラッシュの中でも、目玉の一つと言ってもいいのが、豊島区役所跡に建てられたハレザ池袋のオープンでしょう。

先行オープンは2011年11月、そして完成は2020年夏と発表されています。

なんといっても驚きなのは、ハレザに入る多くの劇場ではないでしょうか?

豊島区が掲げる「アート・カルチャー都市」実現のためのビルと言ってもいいでしょう。

と言っても、まだハレザの中にどんな劇場があるのかわからないという方も多いのではないでしょうか?

当記事では、そんな方のためにハレザの劇場情報をまとめました。

デートプランの参考にしてみてください♪

 



 

ハレザは3つの棟からなる複合施設

ハレザ池袋は、中池袋公園とその前にある旧豊島区役所跡、公会堂跡に建設された3つの棟で構成されています。

アクセス方法としては、池袋駅パルコ側東口を出て、ZARAとヤマダ電機の間をまっすぐ歩くと最短でアクセスできますよ。

そして、3つの棟には8つも劇場が入っているんです。

箱ものが少なく、イベントと言えばサンシャインシティの文化会館を使うしかなかった池袋において、企業側にも選択肢が出来たことは、大きいですね。


ハレザ池袋の3つの棟は、中池袋公園を正面に見た場合、左から「オフィス棟のハレザタワー」「新ホール棟」「としま区民センター」と並びます。

ハレザ池袋


  • オフィス棟ハレザタワー(旧本庁舎)
  • 新ホール棟(旧公会堂)
  • 新区民センター

そして、入居する劇場ですが、オフィス棟ハレザタワーには、「TOHOシネマズ」「シネマプラザ」、新ホール棟には、「東京建物ブリリアホール(豊島区立芸術文化劇場)」「ハレブタイ」「ハレスタ」「パークプラザ」、としま区民センターには「多目的ホール」「小ホール」が入ります。

映画などのデートでよく使うのが、ハレザタワー、歌舞伎や演劇といったエンタメを見るための新ホール棟、企業の展示会などのイベント関係は豊島区民ホールといった棲み分けでしょうか。

 



 

オフィス棟ハレザタワー

ハレザタワーは32階建ての高層タワー。

サンシャイン60ビルにはかなわないまでも、池袋ではめずらしい高層建築ですね。

夜景なんかもキレイだろうなぁ。

ただ、残念ながらハレザタワーは2020年夏オープンのため、撮影時にはまだ工事中でした。

なんたって32階建てですからね、時間がかかるのは仕方ないでしょう。


7階~32階はオフィス棟となり、企業のオフィスが入居する形となります。

そして、TOHOシネマズが2階~6階、シネマコンプレックスが1階に入居する予定だそうです。

 

TOHOシネマズ

TOHOシネマズは2階~6階に入居し、10スクリーン(1700席)を運営するシネマコンプレックスとなる予定です。

ちなみに、最近よく耳にするようになったシネマコンプレックス(シネコン)とは一つの施設に、複数のスクリーンを運営する大型の映画館のことを指します。


映画以外にも、スポーツなどのライブビューイングとして使用される予定のようで、いまから完成が待ち遠しいですね。

 

シネマプラザ

1階はシネマプラザは、いわゆる売店や店舗が入る予定です。

パンフレットや映画公開の限定グッズを販売したり、ポップコーンなどのお菓子が売ってる場所です。


映画館もシネコン、シネマプラザと名称がおしゃれになってついていけないこともありますが、ぜひチャレンジしてみてください。

 

 

新ホール棟

新ホール棟は、ハレザ中央の建物で、4つの劇場が入ります。

特に、入口上部に設置された「ドワンゴ」のモニターが存在感大ですね。

しかし、なんといってもメインは東京建物ブリリアホールに名称を変更した豊島区立芸術文化劇場でしょう。

2階~8階すべてがブリリアホールとなり、席数は1300席を誇る大ホールとなります。


また、1階がすべてガラス張りで外からも、様子が確認できるパークプラザもステキです。


撮影当日は、オープンイベントが開催されていたものの、まだイベント等は行われていなかったため、パークプラザの様子やドワンゴのモニターが映る様子が確認できなかったのが、残念です。

 

東京建物ブリリアホール(豊島区立芸術文化劇場)

「アート・カルチャー都市」実現の旗頭的存在になりそうなのが、豊島区芸術文化劇場。

2階~8階を占有し1300席は圧巻ですね。

なんとここでは、歌舞伎や宝塚歌劇団の公園も予定されているとか。

いよいよ池袋をダサいなんて言えなくなりますよ、

だって、歌舞伎を見ようと思ったら、今は銀座に行かなくてはいけないんですから。


ホールの名前ですが、東京建物ブリリアホールなの?豊島区立芸術文化劇場なの?どっち?と迷ってしまいそうですが、どうやらブリリアホールは2029年までの愛称らしいですね。

野球場の名前がコロコロ変わるのと同じでしょうね。

HPを確認したところ、東京建物株式会社が命名権者(ネーミングライツパートナー)として、権利を2029年まで保有しているとのことでした。

ブリリアって、東京建物が誇るマンションブランドですが、その高級感あるブランドイメージと豊島区が文化都市として発信したい上質なイメージとマッチしていて、個人的にはかなり気に入ってます。

 

パークプラザ

パークプラザは、新ホール棟の入口入ってすぐの階段上のイベントスペースです。

一面ガラス張りになっているので、中池袋公園からも確認できるような作りになっていますね。


個人的には、このパークプラザの活用方法が一番気になるところです。

収容人数は300人とありますが、ブランドなどのレセプションパーティーなどに使うのでしょうか?

どちらにせよ、今までの池袋にはなかったおしゃれ感であることには間違いないです。

 

ハレブタイ

1階に入った500人収容可能はライブスペースが「ハレブタイ」です。

運営はポニーキャニオン!


ライブ会場なので、いわゆる音楽イベントが中心になるそうなのですが、その他に、Vtuberのライブやゲーム実況や上映イベントなど、活用方法は多岐にわたるそうです。

個人的には、ゲームイベントってのが気になりますね。

 

ドワンゴハレスタ

ハレブタイの他に、新ホール棟の1階にはサテライトスタジオ「ハレスタ」が入ります。

新ホール棟と区民センターの間の少し奥まった場所ですが、ガラス張りになっていて放送の様子を外から観覧することができます。


ハレスタはドワンゴが運営するスタジオで、2019年7月に営業を終了したPダッシュパルコ地下1階のニコファーレの後釜と言えるでしょう。


放送では、ニコニコのようにコメントが流れる仕様が組み込まれるそうです。

さすがドワンゴ!

 

としま区民センター

としま区民センターは、9階建てで貸し会議室などが入るビルです。

区民センターだから、ちょっとお堅い場所なのかなと思いきや、さすが豊島区、入口を入ると度肝抜かれます。


1階ロビーに設置されたビューモニターには、オリジナルアニメーションが!

いい意味で、アニメに頼りまくってますね(笑)


8階、9階の多目的ホール、6階の小ホールの他にも、1階のカフェや9階に展望ラウンジがあるなど、なかなか使い勝手の良さそうな施設ですね。

あと、地下1階には駐輪場もあります。

 

多目的ホール

多目的ホールは収容人数が500人。

資料を確認すると、イスなどが設置された会場ではないようですね。


区民センターですから、新ホール棟のようにエンタメ系のイベントというよりは、企業のレセプションや講演セミナーなどで使用されるんでしょうね。

 

小ホール

小ホールは、収容人数160人。

イベントホールとしては、かなり小振りなほうですね。


区民の集まりやイベントなどが気軽に行われるようになるといいですね。

 

 

中池袋公園はステージ併設でイベントも

番外編ということで、中池袋公園にも触れておきましょう。

下記、画像からもわかるように、中池袋公園はハレザのすぐ目の前。

ハレザのプレオープンと墓池袋の再開発を同時に進行したのも、中池袋公園を含めてハレザの完成という意味合いが強いからなのでしょう。


実は、中池袋公園にもステージが設置され、イベントが行えるようになっています。


私が訪れた日には、「Anime Town Festival」というイベントが行われていました。

近くにアニメイト本店もあるため、中池袋公園はアニメ関係のイベントと相性が良さそうですね。



 

-デートスポット, 観光スポット

Copyright© 池袋デート.com , 2019 All Rights Reserved.