エリア カフェ コンセプトカフェ 東口

電車が見られる池袋の丸善カフェ『ほんのひととき』のアクセス方法

更新日:


カフェ
池袋に多くのカフェがありますが、今回はその中でもちょっと変わったカフェをご紹介したいと思います。

池袋東口にある文房具で有名な丸善、この1階にある『ほんのひととき』というカフェなんですが、店内になぜか電車が飾ってあるといういわゆるコンセプトカフェです。

鉄道好きはもちろんですが、小さい男の子がいるご家族には1度は訪れてほしい池袋の隠れスポットです。

また、丸善の創業者の方が「ハヤシライス」の生みの親ということで、店内でハヤシライスを頂くこともできるんですよ。

 



 

『ほんのひととき』へのアクセス方法

文房具丸善池袋の1階、電車カフェ『ほんのひととき』へのアクセス方法をご紹介しましょう。

場所は池袋駅東口から出て、南池袋方面です。

本屋さんで有名なジュンク堂書店の場所はわかりますか?

丸善はジュンク堂書店の2ブロック隣なので、ジュンク堂へよく行くというかたにはわかりやすいのではないでしょうか。

no image
池袋No,1書店「ジュンク堂」への 行き方を詳しくご紹介

本屋池袋で大型の書店は多くありますが、まず一番最初にチェックしてほしいのが、ジュンク堂書店。 在庫の量や買い物のしやすいレイアウト、あと店員さんの対応など総合的にみて、池袋No,1はゆるがないんじゃな ...


ちなみにジュンク堂書店への行き方の詳しい説明は過去記事でしてますので、よかったらどうぞ。



池袋駅西武東口から歩くのもいいですが、私としては池袋駅『39番出口』からアクセスすることを強くおすすめします。

なぜかというと、理由は2点あります。
  1. 人通りを少ないルートだから
  2. 39番出口を出て、まっすぐ歩くだけなので、ルートがわかりやすいから
39番出口へのアクセス方法は過去記事でご紹介してますので、よちらを参考にしてみてください。

西武百貨店の地下を通過していく形になりますが、人通りが驚くほど少ないので、本当におすすめのルート。

南池袋公園へのアクセスに便利な池袋駅39番・40番出口への行き方

池袋攻略ブログとして運営している当サイトですが、今回は私が一番気に入っている出入り口をご紹介します。 それは39番出口!(ついでに40番出口も紹介しときます。) ここは南池袋公園にアクセスが可能な出口 ...


39番出口を出るとすぐ右隣にファミリーマートがあり、逆方向の左手に進みましょう。


39番出口を出て50mほど先、吉野家、ヴェローチェを通りすぎたあたりに丸善があります。


池袋No,1書店のジュンク堂書店がある通りの並びに丸善はありますので、ジュンク堂書店を目印にするとわかりやすいですよ。

no image
池袋No,1書店「ジュンク堂」への 行き方を詳しくご紹介

本屋池袋で大型の書店は多くありますが、まず一番最初にチェックしてほしいのが、ジュンク堂書店。 在庫の量や買い物のしやすいレイアウト、あと店員さんの対応など総合的にみて、池袋No,1はゆるがないんじゃな ...


基本情報

店名 丸善カフェ『ほんのひととき』
住所 東京都豊島区南池袋2-25-5 藤久ビル東5号館1F
営業時間 10:00~21:00
 



 

電車好きのデートにいかが?!

まず、どうしても目が行ってしまうインパクト抜群の電車!

いわゆる電車の「顔」部分が合計3台展示されているんです。
  • 西武電鉄 新2000系
  • 京急電鉄 800系
  • 東急電鉄 7700系
池袋には様々なコンセプトカフェがありますが、ここまでインパクトのある展示をしているカフェもめずらしい。

電車好きカップルや、小さい男の子がいるご家族にとっては盛り上がること間違いなしでは?

なぜ、この3台なのかはわかりませんが、右手の赤い車両は京急電鉄の800系、通称「だるま」、左手の黄色い車両は西武鉄道の新2000系のものだそうです。

黄色の車両は池袋ユーザーにとっては馴染みが深いですね。


店内に入ると3台目が登場します。

シルバーの車体は、東急電鉄7700系です。

個人的には、東急電鉄が馴染みが深いので、見た時はテンションが上がりましたね。


カフェ脇の2階万年筆売り場へ上がれる階段から、眺めてみると本当に車庫に入ってるようなリアリティーを感じます。

せっかくお茶するなら、東急電鉄7700系の前の席でお茶したいですね。


店内は吹き抜け&全面ガラス張りなので、気持ちいい光が差し込んで明るい店内です。

電車の無機質なカッコよさと、テーブルの木目や店内の植木の緑が、アンマッチなんですが、何とも言えないおしゃれ感を醸し出しています。


丸善=電車というイメージはありませんでしたが、なぜこんなに電車推しなんでしょうか?

池袋と言えば、乙女ロード、乙女ロードと言えば、オタクの聖地、オタクと言えば・・・電車男!

「よし!電車飾るぞぉ」

ま、まさかねぇ(笑)

 

メニューは?丸善と言えばやっぱハヤシライスでしょ!

『ほんのひととき』の看板メニューと言えば、ハヤシライス!

カフェの看板メニューがハヤシライスって、最近だとちょっと変わってるなぁと感じましたが、どうやら丸善創業者の早矢仕有的(はやし ゆうてき)さんが元祖で生み出したものらしいです。

幕末から明治にかけて、早矢仕さんが考案したこの料理が評判になり、「早矢仕さんとことのライス」「早矢仕ライス」「ハヤシライス」になったとか。

もしかしたら、他にも元祖ハヤシライスを謳った店もあるので、諸説ありかもしれませんが、こういった歴史を知りながら食べると、余計においしく感じますね


ハヤシライスと並んで、「ブレンド」から「シングルオリジン」まで選べるコーヒーもおすすめです。

スイーツセットは、セットドリンクが200円でお得なので頼むしかないですね。

オリジナルブレンドは、苦みを抑えたまろやかな味のコーヒー、ちょうど近くにあるブルーボトルコーヒーのようにコーヒー豆の濃さをダイレクトに味わえる深みの強いコーヒーとは少し印象が違いますが、スッキリ系というんでしょうか?

南池袋公園周辺で「ござ」が借りられるカフェ『ブルーボトルコーヒー』

カフェブルーボトルコーヒー池袋カフェのご紹介をしましょう! 国内12番目の店舗として、2019年3月22日にオープンした店舗です。 デートスポットとしても有名な緑溢れる南池袋公園が近く、南池袋公園でま ...


これはこれで、好きかも。

いろんなお店で飲み比べしてみると、こんなにもコーヒーって個性が違うんだって発見があっておもしろいですよね。


ちなみに、夜営業の時間帯であれば、お酒の提供もあるそうですよ。

カフェメニューポイント


  • 歴史の重みを感じるハヤシライス
  • こだわりのシングルオリジン・ブレンドコーヒー
  • お酒提供もされている


 



 

 

 

 

 

-エリア, カフェ, コンセプトカフェ, 東口

Copyright© 池袋デート.com , 2019 All Rights Reserved.